yuki-eigoのブログ

知識・情報を共有したい

新たな一歩へ・・・

大学を卒業しました!

皆さんお久しぶりです!

最近は、勉強に読書に家事と忙しく、なかなかブログを更新することができませんでした(汗)

 

実は私、つい先日大学を無事に卒業いたしました!

 

実は大学4年だったのです。

 

最近はブログの投稿が滞っておりましたが、

1月末でゼミを終えた後、

2月4日〜18日まで卒業旅行として、オーストラリア一人旅をしてきました!!

初めてのオーストラリア、楽しかったです。

ゴールドコースト1週間、シドニー1週間の旅だったのですが、

ゴールドコースに足を踏み入れてから宿(ホステル)を探すという。。

 

No クレジットカード、No スーツケース、No 予約してたホテル・宿、

No 海外保険という、まさにNoNoだらけの旅でした。

 

宿は、ゴールドコースト 空港から徒歩10分ほどのYHA ホステル、

シドニーでは、事前に交渉してあった”カウチサーフィン!”と、

カウチサーフィン中に決めたホステルでした。

 

初めてのカウチサーフィン、40代のオーストラリア人女性のマンションの1室(ジム、プール付き、14階)を2泊も無料で貸していただくことができました!

 

ブリスベンにてバイト先の元同僚に、シドニーでは、かつてフィリピンの語学学校にいた頃のルームメイトである韓国人に会いました。

 

学生最後&平成最後にいい想い出ができました。

 

 

4月からは、新社会人として働き出します!

 

既に2週間のインターン(入社前研修)を経験しましたが、

基本的に皆さんいい人たちのようなので、安心しております。

”20代のうちは、何を仕事にするかではなく、誰と仕事をするか”

といろんな本や言葉として紹介されていますよね。

 

自分にとって、今年は大きな1年となりそうです。

新社会人、初めての一人暮らしなど・・・

 

来年度の自分の目標は、

TOEIC 900点以上取得(会社でマストなので、ASAP

・英検1級合格(今年の10月あるいは来年の1月)

・仕事に慣れる(ASAP

・本を読む(As many as possible)

・毎日2〜3時間英語の勉強する

・早起きを心がける

です。

 

 

通訳案内士、観光業に興味ある人必見!

日本のことを英語で知る。

 

www.japan.travel

 

JNTOです!

JNTOとは、Japan National Tourism Organization の略です。

つまりは、日本政府観光局とでも言いましょうか。

 

こちらは、英語以外にも、様々な言語で閲覧することが可能でございます。

 

そうです、通訳案内士を目指している方、観光英検の受験を検討している方、

または、英語で外国人の知人に日本を案内したいと考えている方などには、趣味感覚で眺めるだけでもオススメですよ!

 

英語で日本のことを知る・説明するって、実は大切なことなのに意外と難しいですよね。

 

ドロン!

 

復活します!

ブログ復活します!

みなさんこんばんは、私でございます←

 

実はこの1ヶ月弱は、我ながらなかなか忙しくて、ブログを書いている余裕がありませんでした。

 

2/4~2/18まで、オーストラリア一人旅をしてきたり、帰国直後に引っ越しをしたりと、まさにhecticな日々を過ごしていたのであります。

 

 

そして現在は、3/10と4/14に受験するTOEIC公開テストで900点以上を取得することを最優先として取り組んでおります!!

 

あまり胸の心境をさらけ出すのは避けてきたのですが、

正直に告白をすると、、、

 

 

 

TOEIC900点以上取得→TOEIC950点/英検1級合格→全国通訳案内士試験合格・IELTS 7.0→IELTS 7.5〜8.0取得→CELTA取得

 

なんていうこれからの目標?を、なんとなくですが思い描いています。

 

 

目標は時期によって少し変わることもあるかもしれませんが、

がんばります。

 

旅に出ます、捜さないでください。

南半球へ行ってきます!

はい、どうもみなさんこんばんは〜!

本日は節分ですね!もう皆さんのお家では、豆まき終わりましたか?

 

実は自分の家系は、、豆を撒かなくても大丈夫な家なんです!!

昔々あるところに、鬼を退治した男があったそうな、、

そして、自分は、その男と同じ姓を継いでいるそうな。。

 

まぁ、豆、撒いたんですけどね!!(^_^)/

 

はい、ということで私、明日の夜から、オーストラリアへ旅行に行ってまいります!!

 

卒業旅行ですね、いや、卒業旅・・しかも一人で。。(向こうに知り合いが少しいます)

 

 

さてさて、どういう工程なのかと言いますと、

明日の22時に羽田を立ちます。

明後日の9:35にシドニーに着きます。

シドニーを13:40に飛び、ゴールドコーストに14:05に着きます!

 

楽しみですね!(^_^)

ゴールドコーストにいる間には、ブリスベンにいる、(つい最近まで同じ職場で働いていた)日本人女性に会いに行ったり、(去年の春にATSUさんのイベントで知り合った)女性にバイロンベイを激推しされたので行ってみようかなと思ったり。。

 

からの・・・?

 

11日14:30にゴールドコーストを飛び、17:00にシドニーに!!

シドニーには、(3年前、フィリピンへ留学していた際のルームメイトである)韓国人男子が住んでいるので、色々案内してもらおうかなと思ってます。

 

また、ホテルなどは一切取っていない(金銭的に取れなかった)ので、

Couchsurfing とホステル?を利用する予定です。

 

I'm not sure how it works, but I think this is one of the excitement you have when you plan to travel somewhere you've never been to, right?

So anyway, let's see how it goes..!!

 

18日7:30にシドニーを立ち、8:00にブリスベンへ、9:20にブリスベンを立って、18日17:30に成田へと帰還します!

 

お土産は・・旅の感想ブログです!(^_^)/

 

 

英検1級受けて来ました!

英検1級終わった!

どうもこんばんは〜みなさんお久しぶりでございます。

お元気でいらっしゃいましたか?私は、、、元気 (^_^)/

 

はい、ということで、本日は(待ちに待った?)英検”1級”を受験して来ました!!

受験されたみなさん、お疲れ様でございます (^_^)/

 

 

1. 語彙問題

ん〜、難しい問題もありましたが、正直、語彙問題が自分の中では1番できたような気がしております。と言っても、自信を持って回答できたのは、4割くらいのような気が・・(低い orz)

パス単に乗ってる単語ばかりなので、余裕で答えられるものもあれば、知らない単語や見たことはあるけどど忘れしたような単語とかもあり、できはマズマズでした。

 

2. 長文問題

リーディング問題ですね、こちらは普通に難しかったです orz

英検1級の長文問題を攻略するには、圧倒的な語彙力と、正しい包括的な文法知識、加えて、普段から相当難易度・量の英文を精読する必要があるなと感じました。

長文問題の中にも、少し、、5つ〜10個ほどは知らない単語が出て来ました(泣)。

 

 最近はしていないのですが、実は以前大学のゼミにて、TIMEの1記事を日本語に翻訳するということを行なっていた時期があります。

TIMEは記事の内容にもよりますが、英検1級相当の難易度であると思うので、これからも定期的に読んでいく必要性を感じました。社会人になって金銭的・仕事的・(英語力的?)に余裕が出て来たら、TIMEを定期購読するのもいい案ですね。

世界情勢を知れるし、英語(特に、難単語、熟読)のいいトレーニングになります。

 

英語の4技能を測る際に高いスコアを出そうと思ったら、英語の基本要素である単語・文法・発音を抑えるのに加えて、”日々トレーニングをして慣れる”必要性があると思いました。

スポーツ(自分がしていたバスケや自転車競技)でも、普段から行って、試合の感覚を掴むことは非常に大切ですよね。

ですので、膨大な語彙を覚えるだけでは not good enough で、洋書を読んだりTIMEを読んだりして、”良質な英語”に習慣的に触れなければいけません。

 

3. ライティング

ライティングは、25分くらいかかりました。最後の conclusion なんて、時間制限ギリギリでわけのわからない短文になってしまいました(汗)

 

えっと、今回のお題は確か・・

Is a worldwide ban on weapons of mass destruction an attainable goal?

 でした。

このお題を見た瞬間、えっ、attainableってなんだっけ?汗

となり、焦りましたが、possibleかな?と推測しました。そしてどうやらその推測はわりかし合っていたようです (^_^)

 

自分は、賛成派にして、理由は・・・

1つ目、世界平和を謳っているこのご時世、核爆弾・原子爆弾などの危ない武器(と自分は予想しました)を持っていると、貿易などで不利になってしまう

 

2つ目、世界中の人々は、どんどん外国に移住しており、例えば日本人はカナダやオーストラリア、アメリカなどに出ていく人も多く、武器なんて必要ない

 

3つ目、我々は皆、地球という同じ星に生まれた人間であり、どこで生まれたか、どこで育ったかの違いしかないから、いつか分かり合える日が来るはず

 

というような内容を書きました。

嘘のようですけど本当の話です!

 
4. リスニング

リスニングが1番難しかったです。。

聞き取りは6〜7割くらいの理解度、意味取りは4割程度の理解度でした。。(泣きたい)

TOEICのリスニングに比べると若干ゆっくりな気がしますが、内容が激ムズでした

焦)

そして、最後のPart 4のインタビュー・・・めちゃんこ難しかった。。。

 
5. 反省

圧倒的に準備不足・英語力不足でした!

なにせ、パス単は出る度Cが壊滅的だし、長文やリスニングにも手を出せておりませんでした。。

 

次回受けるときは、パス単(単語2100語に関しては)全て記憶し、

難しい長文を読みこなす力、ニュース英語などを聴いて内容を理解できる力を身につけてから挑みたいです!

 

 

今回ダメなら、次受かればいいだけ!(どこまでもポジティヴ) (^_^)/

 

お疲れ様でした!お休みなさい!(-_-)zzZ

 

 

あなたの英語は何英語?

英語の発音には、5種類ある!

こんにちは、皆さんは、どこの国(もしくは地域)の発音・アクセントで英語を話しますか?

日本だけで英語を学習している人ならきっと、アメリカ英語が多いのではないでしょうか?

実は英語には、一般アメリカ英語、容認発音、カナダ英語、オーストラリア英語、インド英語の5種類あるそうです!

 

www.multilingirl.com

 

ちなみに私ですか?私の英語はまだまだ日本語英語です。。(^_^)汗

けど、何人かの方には、イギリス英語に近いと仰って頂きました。

前までは特にどこの発音とか意識したこともなく、アメリカ英語と日本語が混ざったような発音だったと思うんですけど、最近は、イギリス英語やオーストラリア英語の方が慣れ親しんでいる感じがしますね。。

 

そろそろ本格的に自分の英語(特にスピーキング力)を固めていかねばと思っているのですが、どこの発音がいいのでしょう?

 

個人的には、アメリカ英語も好きだし、イギリス英語の聞き取りやすい発音(Emma Watson とか)も好きだし、オーストラリア英語(尊敬するATSUさんや、ロールモデルであるChris Hemsworth)も好きです!

 

 

結局全部好きという優柔不断さ。。(^_^)/

 

 

TOEFLライティング問題に挑戦!

 

 

What is a very important skill a person should learn in order to be successful in the world today? Choose one skill and use specific reasons and examples to support your choice.

 

                I think that a very important skill which a person should learn is understanding other cultures and I have two reasons.

 

                First, a skill of understanding other cultures is necessary to work internationally. In the world today, a lot of jobs are dealt with other countries or foreigners. Characteristics of people depend on their nationality or where they were raised, and you need to interact with the foreigners well. Therefore, understanding the cultures is the most important among communication and language skills which are normally considered as necessary skills to work internationally.

 

                Second, a skill of understanding other cultures can provide you with more opportunities. If you understood cultures of people you work with, you could get familiarized with the international environment easily, communicate with your workmates well and obtain more opportunities for expanding your experience. In addition, you would be welcome by your international workmates because you understand them well; therefore, you could make a good connection in the world. Even if you only can communicate well with people or speak several languages, that’s not good enough to be successful in the world today.

 

                For those reasons, I think that a person should pick up a skill of understanding other cultures.

 

201 words.