yuki-eigoのブログ

知識・情報を共有したい

TOEFL ライティング!

TOEFL ibt ライティングのトピックを添削してもらいました!

こんにちは、お久しぶりです。最近は、次は何を書こうかな〜と自問自答しておりました(笑)

ところで、ゼミにてTOEFLのライティングを課題として書き、それを本日添削してもらったので、ここに載せようと思います。

 

 

 

1. Some people prefer to live in a small town. Others prefer to live in a big city. Which place would you prefer to live in? Use specific reasons and details to support your answer.

というのがトピックでした。

私は、small town派です、都会と田舎、断然田舎の方が幸福度が高いと思うからです。

ライティング・・・めちゃくちゃ添削されました・・・汗

 

f:id:yuki-eigo:20181115143448j:image

黒字で付け加えられてる字は、先生のもので、青ペンは自分のものです。 

また、トピックはTOEFLから引っ張ってきたものということですが、制限時間や字数などは、特に定められておりません。

 

2. prefer の用法

まず、今日のゼミにて初めて知ったことなのですが、"prefer"の使い方です。

prefer A to B : AよりもBを好む

この用法ですね。実は私はこれまで、I prefer V. to B. のように使っておりました(汗)

このA及びBには、名詞または動名詞が来るのですね・・!

いい勉強になりました。

 

例文、I prefer to seeing movies alone to seeing movies with my friends.

I prefer to ramen to udon

こんな感じのように使うのが正しいようです。

”こんなのも知らんのか話にならん!”って方、どうかお許しを (汗)

 

尚、復習として以下を参考にしました。

english-info.com

 

3. こんな使い方もあった!

上記のサイトにて発見したのですが、want にも似た意味があるのですね。

prefer 人 to do

で、人に do してほしい

という意味になるとのことです!

例文 : I prefer you work hard. (私はあなたに勤勉に働いてほしいものです。)

 

 

 

誓います!

決めました!

どうもこんばんは、絶賛風邪を引いている最中でございます。

誰か、プロテイン。。。ではなくて風邪薬を。。。!

 

久しぶりに、英検1級パス単を再始動させることに決めました!

何と言っても、やはり英検1級を倒すには、圧倒的な語彙力が必要不可欠!!!

 

ということで、明日から毎日、パス単を2〜3時間使うことを誓います!

え?今日からやれって?風邪を引いて辛いので、許してください・・・(>_<)

 

準1級に合格した時も、パス単を毎日使い倒して、受験日1週間前には、掲載されている単語を全て記憶して、合格しました!

I'm not sure if I can make it like when I was preparing for grade pre-1, but let's see how it goes!

 

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

 

 

英検ムズイ。。。(>_<)

英検に苦戦しております。。。

はい、どうもこんばんは。今日は、頭痛、鼻、咳、くしゃみと、まるで風邪でも引いたのかのような症状に見舞われております。。。

 

まずはこちらをご覧ください。。。

f:id:yuki-eigo:20181108230246j:image

久しぶりに、長文問題を解いてみました。

downside マイナス面、分からなくもない。

mutual fund 投資信託、なんで?

flock to~ 〜に群がる、flock で群がるは知ってたんけど、あーそうなのか。

bargain お買い得、よくいうやつやね。

fervently 熱烈に、初めてみた気がする!

savvy 利口な、抜け目ない、これはいわゆる難単語!!!

in the short run ⬅︎➡︎ in the long run、これも知ってる。

 

単語をやらなきゃダメですね〜〜〜

 

英会話レッスン受けてきた!

横浜校にて、レッスンを受講してきました!

皆さん、こんばんは。本日、自動車学校にて卒業検定に合格した者です。どうもどうも。

はい、というわけで今回は、昨日横浜校で受けてきましたレッスンについて書こうかと思います。

 

👇レッスンで使用した教材及び、講師からのフィードバックです。

f:id:yuki-eigo:20181107230240j:image

Educationというテーマでした。

 

講師は、オーストラリア出身の男性でした。

自己紹介の際に、So what do you study in uni? と聞かれたので、ピンときました!

あ、ピンときたというのは、男性だ!ではなくて、オーストラリア出身だ!ってことですよ!

 

何せ、ATSUさんの昔の動画で、レアジョブのレッスンを受講している時のものがあるのですが、uni は、アメリカでは使われないよ、オーストラリアでしか使われないよ、と講師に言われていたのを覚えてましたからね!

 

Byの使われ方、理解してる?

judged not so much by how they look as by who they are 、正しく和訳できる?

はい、どうもこんばんは。

腕立て伏せ100回したばかりで、タイピングするのがキツイです笑

今回は、TwitterにてDUO3.0を使っている方から、byの使われ方が分からない(>_<)

と応援を要請されたので、急遽DUO3.0を使って、ブログを書くことにしました。

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

f:id:yuki-eigo:20181106002957j:image

こちら、182番の文章ですね。

People should be judged not so much by how they look as by who they are.

(人は外見ではなく、むしろ中身で判断されるべきだ。)

 

・judge~:〜を判断する

 

・not so much A as B : A というよりむしろB

 

・how A looks :外見、見た目

 

・who (what) I am:本当の自分、現在の自分

 

それでは、本題に入りましょう。

この、2つあるbyの使われ方が分からないということですので、前半から和訳していきたいと思います。

 

People shoud be judged 

人は判断されるべきだ     ここは問題ないですね、非常にシンプルです。

問題はこの後ですね、not so much A as B (というよりもむしろ)のAにhow they look、Bにwho they areという単語たちが代入されております。

 

not so much by how they look

人々がどう見えるかではなく

 

as by who they are 

むしろ彼らが誰であるかで

 

となります。

 

byは、手段や方法を表す際によく使われる前置詞ですので、

by how they look は、彼らがどう見えるかという手段 となります。

not so much by how they look で、彼らがどう見えるかではなく となります。

 

by who they are は、who they are 彼らが誰であるか なので、

彼らが誰であるかによってという意味になります。

 

なので、

(People should be judged) 人々は判断されるべきだ

(not so much by how they look) 彼らがどう見えるか(外見ではなく)、

(as by who they are) むしろ彼らが誰であるかによって

 

となります。少し複雑で分かり難かったかとは思いますが、いかがでしたでしょうか?

質問や訂正等のフィードバック、何なりとお申し付けくださいませ。(^_^)

 

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 

 

オススメTOEICリスニング教材を紹介!

パート3&4向けおすすめ教材はこれだ!

こんばんは〜!

実は最近、私ごとではありますが、風邪を引いております。

ということで、今回は、リスニング(パート3、4)にオススメの教材を紹介します!

 

どん!

 

TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1 (TTT速習シリーズ)

TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1 (TTT速習シリーズ)

 

 

これです!私も現在使っているんですが、正直な感想はというと。。

・面白い

・通常のリスニングがすごくゆっくりに聞こえる

です。

 

関西で有名なTOEIC講師3人が会話している場面が多く収録されているのですが、

まるでラジオを聞いているかのような感覚になります。。笑

つまり、楽しみながら聴けるってことですね!

 

しかも、1日20分×4週間でできるってところが、忙しい方には魅力的ですよね!

ちなみに私ですが、この本を使い始めて2日で、week 2のday4くらいまで終わりました。(^_^)

 

題名が”鬼の変速リスニング”ですよ。。!!

なんと、音声が2.5倍、2倍、1.5倍、等倍、0.7倍と、5段階の速さで収録されているんです!

しかもところどころ、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングをできるような仕組みになっているところも、非常に学習者目線です!!

 

2.5倍速では流石に厳しいのですが、1.5倍速にもなれば、普通に聞き取れる!

そして、、等倍だと、なんじゃこりゃ!遅いやんけ!ってなります。(^_^)

 

少なくとも、パート3、4では、間違える問題をかなり減らせるのかなと思いますね。

本当にオススメなので、皆さんぜひ買って使いましょう!(^_^)

 

英検準1級ライティング添削してみた!

準1級ライティング問題をゼミで添削した!

はい、どうもこんにちは、ということで早速本題です!

今日のゼミにて、(昨日の夜中に仕上げた)準1級のライティングを先生とともに添削してきました。

 

こんな感じです👇 

f:id:yuki-eigo:20181101154459j:image

 

: と ; 、コロンとセミコロンについて今まで習った覚えがなく、よくわからないままでしたが、なんとなくわかったような気がします。

 

以下を参考にしました。教えてくれたハムスター君に感謝ですね (^_^)

 

eikaiwa.dmm.com

 

ハーバード大学MBA取得、5回も卒業された凄腕弁護士による添削も見ものですね!

 

それでは、ごきげんよう👋